ヒイラギの群れ

昨日のアマダイ釣り帰港後、港の岸壁におびただしい数のヒイラギの子供たちがいました。ヒイラギ群れの少し下の層には、当歳クロダイ・当歳キビレがおり、さらにその下には、優に1kgを超える クロダイやキビレも ちらほら・・・こんな光景は今までに見たことがなかったので、写真に収めました。

さらに 岸壁から一定の距離を保ち水鳥がヒイラギを狙ってポコポコ浮かんでいます。 突然水鳥が海中にむぐるのですが、数秒すると突然ヒイラギの群れが サッと岸壁にへばりつきます。そして さらに数秒後 水鳥が元居た海面付近に顔を出すとその口ばしにはヒイラギが・・・ どうやら 海中でヒイラギを捕らえているようです。残念ながら その場面は見ることができませんでした。

また 水鳥と同じく、シーバスもヒイラギを狙っているようで、時々 底の方でギラッっと光るシーバスが見えます。かなり大きなシーバスも居るようです。

岸壁から 当歳クロダイを釣っている人がいて、見ていると ほとんど入れ食い状態でした。 クロダイは海面近くのヒイラギより 深い位置に居るので、足下は見えますが、沖合はハッキリとはわかりません・・・ が 岸壁から相当離れた位置まで 大きな群れが帯をなしているようです・・・

この状態が続くようなら、当歳クロダイ釣りに出かけてもいいかな・・・なんて 思っちゃいました www。

ヒイラギの群れ
ヒイラギの群れ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました