2022年キビレ釣行21回目

前回はT会長に同船の実地訓練で、カッコ悪い釣りになってしまいました。(トホホホ)今回そのリベンジができるか、もろもろの反省を踏まえて気合を入れて行ってきました。(気合だあああ・・・浜口京子ちゃんかわいい・・・)

今回は最低5枚は釣れるまで帰らないつもりで腹をくくっていたので、神様が味方してくれたような気がします。

というのも、夕方入った場所で1枚キャッチしたものの、その後はどの場所でやっても芳しくなく、潮が変わり1時を回ってから、釣果が出始めました。

潮も効かず水の色も今一つパッとしない感じで、半ばあきらめかけて帰り支度をしていたところ、突如アタリが来て1枚キャッチ。時間延長の覚悟を決めて釣りを続けたところ、ポツポツポツポツと釣れ続いて気が付いてみれば、夕方の1枚を含め9枚になっていました。(こんなこともあるんですねえええ~~~)

時刻は午前4時過ぎ、残りのエサはあと2匹。アタリは遠のきました。(さてどうしよう・・・)ここまでやったら、1枚でも多く拾えないかと朝マズメ(通勤ラッシュ狙い)までやることにしました。(いやあああ ひっさしぶりの朝まで釣行だなあああ・・・でもねむいなあああ・・・若くないなあああ・・・)

今の状況をしっかり覚えておこうと移動準備しながらも、じっくりと周辺を観察。既に明るくなって周囲がよく見えます(フムフム。)暗闇ではハッキリとわからなかった自分の位置や潮目(筋)、水の色や水位などなど、しっかりと記憶してから移動です。時刻は午前5時

移動先は今の場所からはほど遠くない朝マズメに拾える場所。湖内もこの時間になるとアサリ堀りやカクダテ網の漁師さんなど船の往来も多くなり賑やかです。(釣り船は私一人かな???)

程なくポイント到着。朝凪も相まって風もなく潮は相変わらず効いていません。泣いても笑ってもあと1時間弱です。状況を考えて船を掛け釣り開始です。と なんと5分もしないうちにアタリです。

(やったあああ1枚追加だ!) 朝マズメなので喰いは◎です。難なくキャッチして、すぐさま打ち返し。と またまた5分しないうちにアタリ。前の1枚と同じアタリ方でこれまた難なくキャッチ。(上手くいきすぎじゃない?)(何となくこれで終わりの気がする・・・)

もともと 私の経験上では その場所の朝マズメは数が出るわけではなく1枚2枚を拾ってよしとしている場所なので、2枚釣れれば御の字です。

結局 前回のマイナス分を多少埋めることができて11枚の結果です。大満足です。(正直出来すぎ君ですねえ~これは)

エサも無くなり 予想通りアタリもなくなり5時40分納竿としました。(あー眠い)今回はたまたま釣れましたが、次回はもっと早い時間帯でキャッチできるように、しっかりと読んで釣りをしなければ・・・などなど今回の釣りを振り返りながら、浜名湖を後にした次第です・・・。

キビレ
キビレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました