2022キビレ釣行3回目

今シーズンのキビレ釣行は、1回目2回目とも2枚づつしか釣ることができませんでした。春先の釣りなので大釣れを期待しつつも半面「坊主やむなし」というところがあります。そんな中 潮も一巡したこともあり キビレが動いてきていると想定して 天気周りを見つつ3回目釣行に行ってきました。

取り合えづ1回目2回目と同じエリアで釣りをしてみようと思います。

乗っ込み期なので、特にこの時期は潮の移り変わりや気象の変化が(風の強さ方向・気温の高低差・雨などなど)キビレの動きを左右します。前回ダメでも今回爆釣・・・なんてこともよくある話です。

今日の天気予報では夕方まで南寄りの風の予報で、潮も下げ止まりが17時前半とゆうマズメ期待できそうです。(3度目の正直!釣るぞー!) 

気合十分で出陣です。

浜名湖についてみると風が南寄りではなく北よりの風です。(こりゃ参った とりあえず目的地付近まで行って様子を見るか)

エンジンは9.9馬力、おまけに船底整備が済んでいないのでドンガメ状態。フルスロットルで目的地にすっ飛んでいきたいところですが、ガソリンも一段と高くなったので、とことこ省エネ運転。(早く着かないかなあああ ワクワク ワクワク・・・)通常の倍ほどの時間がかかってようやっと目的地に着きました。

エリア全体を見渡すと面白そうな場所が1か所。(でも潮も止まり前だし、すぐ状況が変わるよなあああ)と考えつつも、ゆうマズメの一時勝負でやってみみることに。

竿を入れて20分 全く当たる気配がありません。竿が飛んでいくのを想定(期待)していただけにショックは大きいです。そうこうしている間に潮の流れが変化してその場の状態が悪くなってきました。(こりゃ早々に場所を変えよう)

刻々と潮の流れが無くなっていく状況なので、それを考えに入れて場所を変えました。さほど離れていない場所ですが、1か所目よりは航路に近く潮の流れも多少は効いている状態です。

(さあ気分一新ガンバルゾー!)

2本目を投げ入れ 3本目を準備していると「ガガガガ ドカンッ!!!」 なんとなんと1本目がすっ飛んで船べりにリール激突です。反射的に竿をひったくって合わせてしまいました。(ビックリ合わせです)「ありゃりゃ失敗しちゃったあああ」

案の定すっぽ抜け「後悔先に立たず」というものの悔しい限り。「ビックリ合わせは失敗の元」と知りつつ情けないとつくづく反省。でもこれでキビレがいることはわかりました。(よし1枚損したけどこれから釣れるぞ~)

その後は思った通りで、時間的な間隔でいうと40分50分前後に1枚のペースでキビレが釣れてきました。ただゆうマズメ時とは状況も違って(潮の流れも変わって)当たりの出方はよくありませんでした。(釣れたら釣れたで釣れ方が気に入らないと文句を言う・・・何という身勝手・・・www)

なんとか5枚釣ることができて23時頃だったでしょうか。あと少し頑張ろうを思っていた矢先に強烈なアタリがきました。「オー!」それまでが渋いアタリ方ばかりだったので思わず声が出てしまいました。

が これがなんと期待外れ。「エイ」です。比較的小型のエイだったので何なく上がってくれましたがガッカリです。更に2つのエイが立て続けに釣れてきたので、大きく潮が変わった(水質がかわった)と判断。場所を移動することにしました(さあ最後1時間前後どこでやろっかなあああ)

潮を考え上流域へ行ってみました。流れは効いていない状態でしたが面白そうに見える場所を見つけて釣り再開。

既に5枚釣っていたので「釣れなくてもいいや」なんて思っていましたが、何となく釣れそうな気がします。(ひょっとして追加できるんじゃない?)

今回は冴えてました。予想通り釣り始めて15分アタリが来ました。結構いいアタリ方です。慎重に様子を見極め4回目の入りで合わせ無事キャッチです。最初の場所よりサイズが大きく肉付もよいコンディションの良いキビレです。(やったね!あと2枚つれれば日々の目標達成だけど釣れないかなあああ)

よほどツイていたのでしょう、その後思った通りに2枚追加できて写真の通り8枚キャッチとなりました。めでたしめでたし。

今回はツキがありましたが、次回はどうなることやら。乗っ込み期はもう少し(5月上旬くらいまでは)続きます。乗っ込みの爆釣に巡り合うことを祈りつつ次回は潮の大きい時を狙っていってみようと思っています。

キビレ
キビレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました