今季2回目の実地訓練

恩師 K会のT会長さんの御厚意で今季2回目の実地講習に連れて行って頂きました。有り難うございました。

エリアは本湖筋(3番筋) 。庄内湖メインの私にとっては知らないことばかり。

キビレ釣りの基本は多少は心得があっても、その場所の特徴を熟知していなければ、なかなか良い釣りは出来ないものです。

例えば、◆上げ潮が良い場所 下げ潮が良い場所◆満潮が良い場所 干潮が良い場◆潮止まり前後が良い場所 潮の途中が良い場所◆風の方向の違いでよくなったり悪くなったり◆潮位が高めの時に有利な場所 低めの時が有利な場所···

などなど 数え上げたらきりがありません。そういった各々の条件を熟知するまでには、大変な時間がかかります。

では、どうしたら手っ取り早く熟知していない場所で効率の良い釣りができるようになるのでしょうか?

答えは簡単です。知っている人に教えてもらえば良いのです。

今回も、私にとっては未知の領域でしたが、同船させて頂いて説明を聞きながら釣りをさせて頂いて、状況が良く掴めました。

前置きが長くなりましたが、今回は、「坊主もあり得る、うまくすれば片手くらい」というT会長の読みの上での釣行です。

結果は写真の通りです。マンタイやクロダイなどもおりますが、キビレは6枚。ほぼ読み通りといったところでしょうか。

大事なことは、思っていた通りの結果が出ること。(読みが当たっているかいないか) もちろん数を釣ることも大事です···

変なことを言うようですが、その日の読みが「坊主もあり得る」で、実際に坊主となっても、ある意味読みは当たっている ということになるので、悔やむことはありません。次回以降、坊主の公算が高い時は、行かないようにすれば良いのです。

何やらダラダラとウンチクを並べてしまいましたが、これで完全に今シーズンのキビレ釣りは終了します。

また来年を心から楽しみにしている次第です。

次回は、娘とハゼ釣りに行く予定です。

キビレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました