キビレ釣りシーズン44回目

台風14号の影響次第で44回目釣行がXデーとなる可能性が出てきました。(というかほぼ終わりにしようと思ってます)例年通りのXデーということになります。毎年のとこですが、Xデーを迎えるのは、 少々 いや かなり寂しい気分です・・・😢

庄内湾は本湖筋より早く終了しますので、浜名湖全体ではまだまだ狙っていけます。もちろん庄内湾でもまだ居残り組が居るはずなのでチャンスはあるはずです。大釣れは無いかも知れないので、その辺りは覚悟の上・・・ということになるでしょう・・・(「当たれば儲けもの」のつもりで行けば苦になりませんよ!)。

今回も前回同様に落ち街道沿いを狙ってみました。乗っ込み街道と落ち街道はほぼ同じですので、春先にミャクのあった場所で狙えばよいということになります。春先と秋口ではキビレの動きは多少変わってきます(移動の仕方や喰い方など)。ただ 先に述べたように通り道は同じと見て良いので、そこで待ち構えていればよいわけです。

春先と違い、喰い方が非常に荒くなり、いきなり竿がひん曲がるということが多くなります。竿が飛んで行ってしまうということもこの時期に多くなってきます。一つ言えるのは、基本中の基本で「早合わせは禁物」ということです。いきなり竿がひん曲がっても、最低でも1呼吸2呼吸待ってから合わせを入れるようにした方が失敗が少なくなります。

他にも注意する点としては、エサ取り対策があります。秋口は場所により猛烈なエサ取りがありますので、エサ取りの少ない場所で釣りをするなり、エサを多めに準備するなどの必要が出てきます・・・ご注意を!

さて今回のXデーとなるかもしれない44回目の釣行はというと・・・御覧の通りの結果でした。ゆうマズメに1か所 夜間に1か所 の2か所での釣果です。 やりたい場所は他にもいくつかありましたが、拾い釣りではないので時間をかけてじっくりやってみました。

釣れ方は ゆうマヅメは続けざまに釣れましたが、夜間はポッツンポッツンといった感じです。エサ取りの少ない所を選んではみましたが、全くいないわけではないので竿数を1本減らして3本でやりました。ほぼ定時(午前0時ごろ)にはエサも底をつき納竿です。

シーズン最後になるやもしれない釣行で2桁釣れれば「超出来過ぎ君」です。毎年最後の釣行は尻つぼみで3枚とか良くても5枚とかの釣果なんですがね・・・www

釣れたキビレの体型を見る限りでは、台風14号の影響が少なければ、庄内湾でも もう一潮(半月)くらいは狙って行けそうな気もします。今年は小さな群れで広範囲に散らばっていた傾向があるので、「パラパラ落ち」で遅くまで釣りができる可能性はあると思います。(あくまでも台風などの影響が少ない場合です)

と 言う事で何はともあれ私の2021年キビレ釣りはほぼほぼ終了です。厳しいシーズンでしたが、勉強になった部分も数多く、釣果はイマイチでしたが全体をひっくるめてみると良い年だったと言えるのではないかと思っています。。。

今年も恩師のK会T会長さん・エサ屋さんのA釣り具店さんには大変お世話になりました。「本当に有難うございました」・・・感謝!!!

「さあ来年はどんなシーズンになるかなあああ」 終わったばかりなのにもう来年のことを思い描いてしまいます(庄内湾だけで500枚くらいつれないかなあああ・・・) www

キビレ

44回釣行 総枚数340枚 アベレージ7.73枚/1回

(昨年 36回釣行 総枚数378枚 アベレージ10.5枚/1回)

コメント

タイトルとURLをコピーしました