キビレ釣りシーズン42回目

とうとう8月31日です。あと約半月前後でおわりです。ここに来て秋雨前線が影響してきそうなので、雨の降る量など注意する必要がありそうですね???

今回は恩師T会長と同日出船となりました。風がありそうな予報ですが遅くなって治まってきそうなので出船することになりました。

エサ屋さんでT会長と待ち合わせをし、もろもろ話をお聞きし参考にさせていただきました。今回はT会長とは別エリアで釣行を組み立てようと思っています。

私は、前回投稿したように「落ちてくるキビレを狙うパターン」で釣りをする予定です。当然T会長も落ちてくるキビレを狙うのですが、私とは少々異なるスタイルで「狙い方・考え方」が少々異なっています。さて どちらに軍配が上がるか楽しみです!(会長を上回れる見込みは3割以下くらいカナ?・・・でも頑張るぞ~!)

お店を出て船着き場です。(何だこの潮の色は!?) 2日前とは全く別物です。潮のタイミングは下止まりなので、奥の汚れた水が来ていてもおかしくないのですが??? 航路に出るとやはり潮は結構澄んでいる状態です。(んーこりゃ餌取りが厳しいかな!)

目的のエリア付近では多少水が変わりましたが、この時期なのであまり気にしません。それよりも風が・・・予報より強く吹いていたので、船をつけるかどうか? 別のエリアにするか? 少し考え込んでしまいました・・・

結局、その場所は最初に考えていた場所なので、少々無理してでもやってみようとの思いで船を掛け、ダバダバ揺られながらも釣りを始めました。(うわー揺れる揺れる!酔っちゃうよ~!)

追い風とはいえあまりに強い風に船は揺れるし、竿先は振られるしアタリもへったくれもありません。(いやあ・・・やはりちょっと厳しいかな?) 釣りはじめて早々、いっそう強い風が一吹き二吹き「ビイューンビューン」 「バッシャン バッシャン」 大きく船が揺れたと思ったら、背中からモロに潮をかぶってしまい、背中はもちろんおしりがビチョビチョです。(グエー!参ったなあああ)

30分しない間に3回も潮をかぶってしまったので、たまらず避難です。風向きから完璧に避難できるエリアは限られます。少しでも穏やかで釣りができると思われる場所に移動しました。

潮の行き足は遅く、風の潮目を目安に釣り再開です。。。と 早々にアタリです。 あまり喰い方が良くありません。場所的に時期的に 竿が飛んでいくようなアタリが来ても良いところですが・・・(やはり潮が効いていないせいかなあああ 風も強すぎるしなアアア)

それでも何とか小ぶりを1枚キャッチ(上出来上出来!) 少ししているとまたアタリです。これも同じような感じで無事キャッチ。 が それから後がいけません。本命アタリが来ないばかりか、ヘビの連発です(やはりこうなったか・・・) 行きがけの潮の色から想定はしていましたので、3つ目のヘビを釣ってそそくさと移動です。

多少風は弱くはなりましたが、まだまだビュービューです。一番最初の場所から線でたどったエリアで釣りをすることにしました。(ここならエサ取りも少ないだろう・・・)

いくらも経たないうちにアタリが来ました。(おっラッキー!) 潮の条件・風の条件が良くないのかアタリ方もまばらです。釣れたりあるいはやめてしまったり・・・そして長続きもしません。(今日は狭いエリアで転々と場所を変えてやってみようっと!)

結局終了までに 8回場所(位置)を変えて、写真の通り7枚とクロです。T会長は、様子見で2か所やられて、最後の場所でくすがって10枚以上。悪条件の時ほど「腕の差」が歴然と出てしまうものですね。(会長に勝とうなどとは身の程知らずデシタあああ・・・www)

そんなこんなで私的には悪条件の中での7枚は上出来(出来過ぎ君)だったと思っています。また T会長の釣果・自分の釣果 と それぞれの釣れた様子などは、次回の為の参考になるので、どちらかと言えば良い釣行だったのではないかと思っています。(お尻が濡れたこと以外は・・・www)

キビレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました