キビレ釣りシーズン33回目

いよいよ8月シーズン終盤です。9月中旬まで約1か月半、週2回行ったとして、目いっぱい出船して残すとこあと14回15回ってとこですね・・・早いものです。(あーあ もう終わりかあああ はやいなあああ)

今回は嬉しい釣果があったので、まずは結果から報告させて頂きます。なんと何年かぶりで1.5Kg超級を釣ることが出来ました。1.5Kgでも大型魚が少なくなった今では なかなかお目にかかれないサイズになりました。昔で言えば1.7Kgとか1.8Kgくらいに相当すると思います。

釣果枚数は10枚で、内1kg~1.2kgまでが4枚入ってます。久々に10枚越え しかも1.5kg超級が混じるなんて今シーズンの庄内湾ではなかなかないことだと思っています。

釣行場所は6か所ですが、釣れた場所は1か所。まずは釣行前に恩師T会長の大爆釣をお聞きしていたので、そのエリアへ行きました。T会長の大爆釣翌日でということと、天気など諸々の条件にあまり変化が無いということで、爆釣のあった付近へ行けば 爆釣は無いまでも ある程度枚数が稼げるのでは という 思いでその近くの場所を転々とやってみました。が 結果は全てスカ。(このことからも今シーズンはキビレの足の速さをうかがわせます) 

迷った末に全く別エリアへ移動することに。結果的にこれが功を奏したようで、移動して釣り開始早々キビレが釣れました。しかも比較的良いアタリ方で、続けざまに3枚キャッチです。

3枚釣って上げ潮から下げ潮へ変わり、ちょっとだけ船をずらして釣り再開です。船をずらしてから20分30分の間があり再びアタリです。今度はあまりよいアタリ方ではありません。最初のアタリから 糸を送って待って 反応があったらまた糸を送って待って・・・というのを3回くらい繰り返してやっと喰わせられるといった状況です。後に続くキビレも同じような感じでした。

それでも、最終的には針に乗ってくるあるいは針を飲み込んでいるので、全く食いが悪いわけではありません。しかも釣れてくるのは結構良いサイズです。

前半戦の不調が嘘のようにポッツリポッツリ枚数が増えていきました。9枚目を釣ってからアタリが遠のいた感じになり、そのまま音沙汰の無い状態で粘ること1時間30分ほど。「グイーン」久々にアタリです。

今までのアタリとはちょっと違って、竿がゆっくりとお辞儀をして止まっています。(ん?キビレ?)糸を出して見ていると またゆっくりとお辞儀をして止まっています。(ん?なんだこのアタリ方は)

3回目のアタリでは、動きは遅く疾走状態ではないのですが 止まる気配もなくそのままどんどん動いていきます。(キビレには違いなさそうだけど???ひょっとして大きいのかな???)

合わせをいれると今までにない重量感のある手ごたえです。(おっこれは今日一だぞ!)引っ張りは大したことは無いのですが重さだけはあるといった感じです。あがって来たキビレはやはり今日一サイズ。持った感じも1.4kgくらいはありそうで、長さも目算で43cm44cmはありそうです。(やったあああ 久々だなこのサイズは目方もありそうだから持って帰ろっと!)

この1枚を最後に納竿、今回の釣行を終えました。今回の釣行では改めて今シーズンの釣れ方はムラがある(足が速い)ことを実感しました。「柳の下」を狙うのも良いのですが、今回はエリアを変えて大正解だったように思います。

帰ってから計測してみると 1.55kgくらい(バネばかりなので正確ではありませんが)44.5cmでした。今回も反省点はいくつもありますが、久々の型物があるので良しとします。(たまにはこういうこともないとねwww)

「さあ 次回も頑張りますかね!!!」

キビレ
キビレ

現在33回釣行 総枚数230枚 アベレージ6.97枚/1回

コメント

タイトルとURLをコピーしました