キビレ釣りシーズン7回目・・・

今日はシーズン7回目となるキビレ釣行です。(前々からこの日は行こうと決めていました)今回は潮が変わる日なので、今までの釣れるパターンが変わってくることが予想されます。6回目まで目標に対してマイナスの釣果が続いているので、ここらで一つ美味しい思いをしたいところ・・・(そろそろ釣果目標をクリアしないとなあああ)

気合十分に、いつもより1時間ほど早めに家を出ました。まあ1時間早めに出たのは少しでも多く湖内の様子を見たかったことと なにより今日の潮の時間タイミングを考えての判断です。今回はゆうマヅメ勝負です。

出船時の潮は、上げ潮の止まり下げはじめです。遠方まで足を延ばしているとタイミングを逃す可能性があるので、近場からスタートです。潮の色は悪くはありません。風も南寄りの風、ただ一つ潮が効いていないので要注意です。幸いスタートに決めた場所では潮目も出ており、良い感じに見えました。(いい感じだけどどうかなあああ) 早々に釣り開始。

竿入れして直ぐに答えが出ました。 「 ✖✖✖ 」 なんと大量のエサ取りです。投入直後からコツコツコツコツ。しょっぺー(クサフグ)の洗礼です。 2本入れてものの5分でエサがスッカラカンに。(わーこれじゃだめだ)  

すぐさま場所移動、少し上流部へ移動です。ゆうマズメのタイミングは逃がしたくありません。時間がありません。航路から目の届く範囲でよさそうなところを探します。目についたのは、誰しもが船を掛ける いたって平凡な航路沿いの駆け上がり。そそくさと船を掛け釣り開始です・・・既に夕闇が迫り少し焦り気味・・・1本目投入、続いて2本目投入、そして3本目投入終了。 餌取は全くありません。(これはひょっとして・・・)などと考えているとアタリです。(よっしゃあー)

「コツコツ」・・・あたかもエサ取りのようなアタリ方ですが、ちょっと違います。少し待ちます・・・「コツコツ」・・・2回目 少し待ちます。 「コツン・スー」 3回目 竿がお辞儀します。 糸を送りフニッシュを待ちます・・・入りません。 持ち竿にして更に待ちます・・・ 「クーン」 と今度は フィニッシュに近い引っ張り・・・ 更に糸を送り様子見・・・「グイーン」今度は強く長い距離を引っ張っていきます。(よし次の引っ張りで合わせよう!) 更に糸を送り様子見・・・と予想道理フィニッシュです。 最後は止まりそうもない勢いで竿を引っ張っていきます。絵にかいたようなキビレの食い込みパターンです。アワセを入れると 結構ずっしりとした感触。(まともサイズかな???) 上げた1枚目は、目算1.1kg~1.2kg強ってところでしょうか。上出来です。正直このタイミングなら一気に竿が入ってもおかしくないので少々不満です。が それは贅沢というものですね・・・www

その後 立て続けに4枚追加して、早々に5枚キャッチです。(よしっ今日こそは目標8枚を釣るぞー) しかし現実はそう甘くはありません。今は乗っ込み期、群れが去ればアタリは皆無です。5枚目を上げてから1時間半もの間、竿はピクリともしません。潮はあまり動いていません。潮が効いていれば粘ってみても良かったのですが場所移動を決断。よさそうなところがあれば竿入れしてみよう・・・あちこち転々と移動です。

中流域の東・西の奥まった場所から、北限エリアへ行き そこからまた下流に向かって移動です。数か所以上を見て回り時間も押してきたので、目の届く範囲でよさそうに見える場所に船を掛け釣り再開です。雰囲気はよさそうですが、風が出てきました。しかも結構強い北の風です。(あーいやったいなあああ 今日も8枚は釣れなのかなあああ)

ここは 昨年美味しい思いをした場所。さあ終盤の釣り開始です。北風が強く釣りづらかったのですが、何とか1枚追加できました。その後、30分ほどで移動し、本日最後の場所で2枚追加し、何とか目標8枚キャッチ。今日はラッキーでした やっと目標枚数釣れました。めでたしめでたしです。

これからが乗っ込みも終わり、回遊範囲も広がり面白い釣りができるようになります。出来るだけ早めに6回目までのマイナス分を埋めてプラスに転じたいところではありますが、どうなることやら・・・とても楽しみです・・・。

キビレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました