待ってました 2021年私のキビレ釣り開幕!

昔から、キビレの釣れ始めは旧暦の2月1日くらいからと言われています。毎年その時期が近づくと何となく ソワソワ ソワソワ 毎日が落ち着きません。今年は諸々の条件から察するに、少し早めの開幕かなあ??? と予想しており、2月に2021年初陣の予定でした。 が なんだかんだ予定通りにいかず、3月になって遅ればせながらの今回の釣行となった次第です。

昨シーズンは、遅めの4月からスタートでしが、アベレージ10枚超シーズントータルは370枚以上という「超出来過ぎ君」でした。さてさて今シーズンはどうなることでしょう??? 期待でいっぱいです。

シーズン初出船は、期待と不安が交錯しています。一つは船が動くかどうか(www)、次に釣れるかどうか・・・でも待ちに待った2021年キビレ釣りです。気合十分に行ってきました!まずは、いつもお世話になっているお店にご挨拶。「今年もよろしくお願いいたしま~す」エサを買って いざ出陣です。

ワクワクしながらエンジンスタート! 無事船は動きました。 スローで水路から航路へ・・・やっぱ浜名湖(水の上)はいいなあああ。 航路へ出てすぐに 水色がすこぶる良いことに気が付きました。「こりゃあ 思っていたより今日の条件は良いかも・・・ 釣れちゃうかなあああ www」

とりあえず毎年の乗っ込みパターンでスタート。セオリー通り乗っ込み街道の駆け上がりからです。やはり条件が揃っているのでしょうか、結構なエサ取りです。 「まあ 少し様子を見ましょうか・・・」

程なく「コツン」! 「ん?」 餌取とは違うアタリです。持ち竿にして少々糸送り。すると また「コツン」と2回目。 「う~~~ん こりゃますますくさい」。 3回目は距離こそ短かったですが、スッと竿が引き込まれました。「やっぱ本物だ」  

春先は標準的なアタリにならない場合が多いのですが、これは違いました。4回目には疾走状態です。疾走してくれれば シメタモノです。難なくシーズン初物をキャッチ。1Kg以上はありそうです。その後、エサ取りに苦戦しながら2枚追加。まだ来そうでしたが エサが少なくなっていたこともあり、また他の場所も気になっていることもあり、移動を決断しました。思いが通じたのか、移動後に更に4枚追加して合計7枚。「いやあ出来過ぎ出来過ぎ」 エサもちょうどなくなって、幸先の良い初陣となりました。

今回の出船で、潮の具合やキビレの感触など2021年の動向・パターンなどなど少し 見えた気がします。まだ たったの1回の釣行なので ハッキリしないところが多いですが、もう1回2回行けば大方の察しが付くと思いますので、近々再度キビレに行く予定です。。。

キビレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました