隆栄さんでタチ釣り・・・

急でしたが、今回 いつもお世話になっている隆栄丸さん/新居港で、タチ釣りにいけることになりました。このところタチが好調で、遠州灘の太刀釣りエリアは連日釣り船がひしめいているそうです。

シーズン的には、年末年始を見据えて深海アコウ(キンメ)釣りやアマダイ釣りに行きたいところですが、船長のお話では、今シーズンは今のところ潮が速くて深海釣りは厳しいものがあるようです。一方アマダイ釣りは、そこそこ釣れているとのことでした。

前置きが長くなりましたが、釣りのお話に戻ります・・・。定時に集合出船し沖に出たのですが、今切れ直近の水温はなんと16度前後! 冷え込みが無いのと 潮の関係なのでしょうか、この時期としてはかなり高めです。更に沖に出ると 水の色はカツオが釣れるような青い色で水温は22度台!(これなら潮が速いのもわかる・・・)

今回のポイントは、比較的近場で トコトコ安全運転でも 30分ちょっとで到着。早々に釣り開始となったのですが、表層の潮は2ノット以上・・・(いやあこりゃ2枚潮で釣りにくいぞ~!)

案の定 仕掛けを下ろすも、ミヨシ側とトモ側では糸の角度が全く違います・・・(船長もやりにくいだろうなあ~) や無負えず船長が「一流し1回」を決断。(一流しに1回しか投入できないので釣果がガクッと落ちてしまいます)

それでも 1流し目からタチが食ってきます。タチは居るようですが、船長の話では このところの釣れ方と比べれば食いがちょっと渋い・・・との事。(数は無くても そこそこ釣れればいいや!)

私含めお客さんは8名。各所でタチが上がります。ただ何が違うのか 釣れ方にはムラがあり、投入後早いタイミングで喰ってくる人もいれば、いくらか時間が経ってから当たってくる人もあります。 また釣れてくるタチの大きさにも違いがあり 速いタイミングで当たってくる太刀は比較的大きめで しばらくして当たってくる場合は小さめが多い気がします・・・ (私は後者の方・・・トホホホ)

仕掛けを変えたり、エサの付け方を変えたり、水中ライトを変えたり、釣り方を変えたり いろいろ試しましたが効果なし・・・挙句の果ては 道糸を切られ(タチが道糸に噛みついて糸を切ってしまう)天秤・オモリ・仕掛けがパー。なんとそれが3回も・・・(クアー参った 大損害じゃあああ)

結局 終日同じ状況が続き 釣果は 多い人で30尾前後(だと思う) 私は 小ぶりが主体で18尾。贅沢は言えないというものの、私的には どことなく悶々とした釣りになってしまいました。でもまあ 久々の沖釣りでそれなりに楽しませてもらえました。それにこれだけタチあれば、ストックもできます。船長に感謝です! 有難うございました!

次回は アマダイ釣りか深海釣りに行きたいのですが、潮の具合がどうなることやら・・・

タチウオ
タチウオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました