明らかに釣れ方が変わってきています・・・

今日もキビレ釣りに行ってきました。今季は年間のキビレキャッチ数の目標を2回上方修正して現在チャレンジ中です。最終目標達成には少々厳しいものがあるので、行けるときにはキビレ釣りに出ています。(理由を付けて ただ釣りに行きたいだけですけどね・・・www)

が ここにきて酷暑もピークを過ぎた感がありますし、少し前からキビレの釣れ方にも変化が見られます。どうやら いままでのように1か所で枚数を稼げる時期もピークを過ぎ、落ちてくるキビレの群れを追いかける釣りに切り替えた方が良いようにも思えます。(私個人的な意見)

いわゆる<落ち期>なので、群れが通り過ぎればアタリは皆無・・・そのまま待っていれば次の群れが通過するのでは? とも思えるのですが、そこはそれ その日の様々な条件(潮の時間・大きさ・風の向きなどなど)が影響して 次の群れが来る場合もあれば来ない場合も出てきます。其の辺りの見極めが数を稼げるか否かの重要なポイントにもなってくると思います。1か所でずっと釣れてくれると楽なんですけどねえええ。私の腕ではこの時期それは不可能です・・・(´;ω;`)

また 同じエリア内でも 狙うポイント(船をつける場所)が、若干変わってくる場合があります。最盛期なら夜中の回遊を先回りしてポイント選びをしますが、落ちになるといわゆる<落ち街道>中心の場所に切り替えていく方が釣果を得やすくなるように思えます。最盛期に回遊してくる場所が落ち街道と重なっていれば、そういう場所は可能性は高いのですが、最盛期に釣れていたからと言って、その場所が<落ち街道>から大きく外れている場合などは要注意です。下手をすると全くキビレが釣れません。(ちょっと船をつける場所がずれただけで天国と地獄・・・なんてことも良くあります www)

既に8月下旬になろうとしてる現在、浜名湖/庄内湾での良い時期(数が稼ぎやすい時期)は 最終秒読みに入った気がします。今回の釣果は4か所回って御覧の通り。たまたま運よく釣れました(1枚撮り忘れがあり単独で載せました・・・www)。 4か所のうち3か所でキビレを釣り、1か所は全くダメでアタリすらありませんでした。喰い方は何処も比較的良い喰い方をしてきます。難点は各所でエサ取りが増えている点と暑さによるエサ不足です。

キビレ
キビレ
キビレ
キビレ

皆さんもキビレ釣りに行かれる場合は、事前にエサがあるかどうか確認されることをお勧めします。現場でエサ取りの猛攻に合うか合わないかは、選択した場所とその日の条件で変わりますので、状況を見てあまりエサ取りが多い場合はサッサと場所移動されたほうが良いかも知れませんね・・・

私も次回からは 最終目標に向かって より一層<落ち>を意識して釣りをして、また 残り少ないシーズンを楽しみたいとも思っています。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました