予感的中・・・が意外と数が伸びなかった

今日は 潮見表で中潮、21時少し前に上止まりがきます。半夜釣行では、時間帯としてはとても釣りやすい潮です。潮見表の時刻にはズレがありますが、浜名湖の庄内湖では、プラス1時間~1時間30分くらいです。(誤差は季節や場所などなど条件により違いがあります)

となると今日は おおよそ22時~22時30分前後が上げの止まり。(バッチリじゃん!行くしかないでしょう!) 夕方から雨が降ったりやんだりの予報でしたが、出かけることにしました。 先週の金曜日の釣行を参考に、今シーズン3回目となるエリアに的を絞りました。過去2回は短時間しかやらなかったこともありますが、惨敗といえる結果でした。近年 毎シーズンよく釣れるエリアなので、3度目の正直・・・と 言うわけです。 

夕方から出航! すでに雨はポツポツ、雨は嫌ですが風はそよそよ ちょうどいい感じです。 道中 各所目につく場所をチェック。 潮の高さ・速さ・色もチェック・・・(うまくすれば本当に3度目の正直になりそうな予感がするなあああ・・・ポジティブ)  そうこうしている間にポイント到着。・・・・( Hmmmm 今一つ潮目が分からんなあああ) 再度確認 = 風・西南西そよそよ/潮・まだまだ上げ潮/潮目・うっすら/色・この時期のこの場所の色/時刻・18:50 ・・・ 船を固定し釣り開始です。。。 

2本目を準備していると 「ガガガガッ」いきなり1本目にアタリです。<マズメ時>の一機食いです。 マズメ時(朝・夕)は、マズメ時特有のアタリ方が多いです。一気に竿が入っていくパターンです。基本通り竿をもって引っ張り合いになるまで待って大きく合わせます。( やったあ 乗った 今日はついてるぞっ! )

⁂ ここで一言 竿がいきなりひん曲がるので ビックリして即アワセを入れてしまうと(ビックリアワセ)すっぽ抜ける場合があります(スッポ抜ける場合が多い)。キビレ初心者さん・ビギナーさんは気を付けてくださいね。竿をもってキビレと引っ張り合いになるまで 2呼吸3呼吸 待ってから大きく合わせるとすっぽ抜けは少なくなります⁂

キビレ
キビレ

700g前後の小型ながらよく走ります。強引に巻き取りキャッチ・すぐさま同じ場所へ投入。途中だった2本目を入れ3本目にしかかると またまた 「ガガガガッ」 同じ竿です。6本投げ入れるまでに 同クラス3枚キャッチです。( 今日は やはり3度目の正直だったなあああ ウハウハ ) 時刻は 19時40分 その後は、ポツリポツリと夕方とは違う方向へ投げた竿を中心に6枚の追加。夕方の釣れ方からすると意外に数が伸びませんでした。

潮が止まり下げはじめてまもなく なんと20cm未満のキビレ2つと同クラスのチンタが続けざまに釣れてきました。( あれれっ 打ち止めかなあああ ) 時刻は0時少し前。 少し悩みましたが 移動して全く違うエリアの場所を見に行きました。2か所とも短時間でしたが回って様子を見てきました。1枚追加して都合10枚。 私には「できすぎ君」の釣果です。 

今回 一番嬉しかったのは<3度目の正直>で最初の場所で当たったことです・・・。あとは 2か所回ってみて 次回につながる 諸々情報があったこと・・・ですかね。とにもかくにも気分は上々、読みが当たった時は嬉しいものですね。。。 次回もキビレです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました