浅場のキビレ釣りは迫力満点!

キビレ
キビレ

今回もキビレ釣行です。今回は超浅場をポイントに選んでみました。浅場というと 皆さんはどのくらいの深さを想定されますか? 私たちの言う超浅場は、船のアンカーの高さ分くらい 約50cmくらいを指します。 従って和船19フィートでもギリギリで、スクリューが底をかき上げてしまうくらいの深さになります。

キビレは、条件さえそろえば(比較的活性の高い時) こういう超浅い場所にも回遊してきます。(もっと浅い場所にも来ますが船が入れません) そして こういう場所で喰ってきたキビレは、すこぶる元気です。特によく走るのサイズは1kgから1.3kgクラスくらい。 浅い分 当然ですが下方向へはいけず 横へ突っ走っていきます。迫力満点です!

過去に居眠りをしてしまって、ドッカーンという ものすごい音で飛び起きたことがありました。うまい具合にリールが船べりに引っかかり 竿とキビレが引っ張り合いになっていて、竿を持って行かれずに済んだ・・・ということがありました。 この時上がったのは1.3kg前後のキビレ。よく走るサイズです。しかも肉付きも良く、パワー・スタミナも十分って感じの体型をしたキビレでした。

がしかし 激突したリールは軸が曲がったのか、スムーズに巻けなくなり、上げるのに一苦労。ハンドルを巻くと 1回転させるごとに同じところで グッと重くなり回せなくなる状態。なんとかうまく取り込めてラッキーでした。 後でリールに手を加えてみましたが、症状は改善せず廃棄処分としました。(キビレハンターの方々は、多かれ少なかれ こういった経験をされていることと思います・・・)

皆さんも 特に初心者の方 キビレを侮るなかれ! 浅場で釣りをするときは、キビレには ときとして リールを壊してしまうほどの勢いがある・・・ということを覚えておいてください。 そして 更にもう1つ 居眠りは禁物ですよ・・・www

コメント

タイトルとURLをコピーしました